TOP > 盗聴器発見調査関連ニュース009

盗聴器発見調査関連ニュース009

盗聴ソフト販売会社に罰金処分

ホーチミン市人民委員会はこのほど、同市タンビン区のチンタム情報提供サービス社を通信分野と商業分野での行政違反行為により罰金2000万ドン(約10万円)を科す決定を行った。同社はベトナムで提供と利用が認められていない通信サービスを提供していた。調べによると、チンタム社は携帯電話の音声を盗聴できる「スパイフォン」というソフトウエアを依頼客の携帯電話にインストールするサービスを提供していた。当局は同社でこのソフトウエアがインストールされた携帯電話1台を押収した。最近ベトナムでは「スパイフォン」を使って他人の個人情報を盗み出す事件が増加傾向にある。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵浮気調査調査会社興信所