TOP > 盗聴器発見調査関連ニュース005

盗聴器発見調査関連ニュース005

大阪府教育委員会事務局に盗聴器が仕掛けられていた 

大阪市中央区の大阪府教育委員会事務局の高等学校課で、机上に盗聴器が仕掛けられているのを同課職員が11日深夜見つけた。府教委は12日午後にも大阪府警に被害届を出す。府警は届けを待って電波法違反などの容疑での捜査を検討する。府教委によると、見つかった盗聴器はコンセントに接続するタップ型。11日午後11時15分ごろ、大阪府庁別館5階にある同課生徒指導グループの職員の卓上に設置されているのが見つかった。府庁周辺で盗聴問題について取材していた民放テレビ番組の取材班が、同課の部屋から発信される異常電波をつかみ、府教委に連絡した。タップを分解したところ小型の盗聴器が見つかったという。同課は、府立高校の教育内容の企画立案などを担当している。府教委によると、生徒指導グループは昨年4月に同じフロアの別の場所から現在の場所に移ってきたという。同課の担当者は「心当たりはまったくない。だれがなんの目的でやったのか。悪質で不安だ」と話している。橋下徹知事は盗聴器について「さきほど報告を受けて驚いている」と報道陣に語った。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵浮気調査調査会社興信所