TOP > 盗聴器発見調査関連ニュース003

盗聴器発見調査関連ニュース003

フジモリ被告、罪状を認める 政敵の盗聴・買収めぐりペルーで公判

ペルー大統領時代に政敵の盗聴や買収を図ったとして罪に問われたアルベルト・フジモリ被告(71)の公判が28日、ペルーの首都リマで始まり、同被告は罪状認否で罪を認めた。求刑は禁固8年。判決は30日に言い渡される見通し。大統領時代の人権侵害など一連の罪で起訴されたフジモリ被告は、すでに禁固25年の有罪判決を受けており、事実上、政治生命を絶たれている。一連の裁判は、今回で終結する。長女で国会議員のケイコ氏は現在、2011年に予定されている大統領選で有力候補となっており、当選した場合は父親を恩赦すると公言している。フジモリ被告は、これ以上争わずに公判を早期に終結させた方が得策と判断したとみられる。

興信所雇用調査浮気調査興信所探偵浮気調査調査会社興信所